車を買うときは下取りに出すな!

私の小学校(豊田市山之手小学校デス)時代の友人で、中古車整備工場を経営している人がいまして、ふと友人の結婚式で何となくそんなこといってたなあ~というのを思い出して・・・下取りについていろいろと相談してみました。

彼曰く、「ディーラや今度新しく車を買う店で今の車の査定の見積もりを依頼するならば、新車でも中古車でも新しく車購入するときの下取り車にはしないほうがいいよ!」と言われました。

最初、どうしてなのかあまり意味が分からなくて・・・よくよく聞いてみると、下取りに出すと、購入する車の値引き額なのか?、下取りの査定額なのか? その境界があいまいになって、「安く車を買い取られて損するよ」ということでした。

僕ら中古車販売業者は、そんなディーラから安く車を下ろしてもらうことがあるよ!と言っています。

ディーラはよっぽど安い値段で、ユーザから下取りをしているんだろうな~と価格から想像できるようです。

中古車を高額で売却したいのならば、「絶対に中古車専門業者を何社か回って比較査定するように」とのアドバイスでした。

とりあえず各社の見積を取って一番高い査定金額の出た中古車専門業者に売るのがお得となるとのことでした。

ただし、それはある程度車に関する知識があって、交渉力もあって、相場観もあり・・・しかも一軒一軒車買取会社に査定してもらって、ものすごく手間と時間がかかるので大変だと思うのです。素人が交渉しても、うまくいかない場合があるとのこと。

で、最近は、中古車の一括査定があるのでいろいろネットでもいいので、調べると出てくるよ!参考にしてみたら!というのもでした。

一括査定サービスは最近のインターネットでも随分たくさんのサービスがありますので、気に入ったところを探してみると良いでしょう。

ただ、何となく一括査定サービスに申し込んで、相手の言いなりとなると、完全に車買取業者のペースとなってしまいます。

やはり、何事も、事前の知識と心構えは最低限必要ですので、上手に一括査定サービスを利用できるように、参考とすべきサイトがいくつかあります。

私も次の車のグレードや年式を少しでも良くしたいし、本当に損をしたくないので、交渉や駆け引きについて出来るだけ詳しく書かれているサイトを物色しながら、なるべく地元で査定ができるのが良いかな~と思って調べると、車買取、豊田で検索して、車買取豊田という記事を見つけたので参考に添付しておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする